くのさんち

Top

O邸 打合せ

f0217896_1445019.jpg
細かいことを言うと、どんどん細かいとこまで決めていくことになる。
その都度スケッチが増える。
それに、付き合ってくれる監督さんと大工さんに感謝です。
[PR]
by masarukuno | 2010-10-08 12:47 | 現場のこと | Comments(2)
Commented by いぬお at 2010-10-08 17:59 x
意匠屋ってつくづく大変な仕事だと自分でも感じています。
仕事上、比較的大規模な建物が多いんですが、
最初の敷地ゾーニングに始まり、最後はミリの納まりまで・・・
挙句、設備・構造の人達にせっつかれ、
物件の纏め役にもなるので社内的にも書類も増え・・・

大きい会社みたいに分業制になっていれば良いんでしょうけど、
全てが見える代わりに、全てが中途半端になっている気がします。
愚痴になりました。
Commented by masarukuno at 2010-10-12 16:54
いぬおさんへ
がんばればがんばるほど、納まりが細かくなり、
打合せも増えて、各方面への連絡も増える・・・
しかし、住宅は、お施主さんのよろこんでもらえる顔が見えるので、うれしくてがんばってしまいます。
大きな物件になると、連絡から変更と すること
ひとつひとつが、大変になってきますよね。
建物つくるって、ほんと大変ですよね。
建築家の地位が医者のように、もっとあがると
いいのですが・・・