くのさんち

Top

カテゴリ:現場のこと( 343 )

某中学校 耐震工事

f0217896_0465065.jpg
仕事がら、いろんなところにのぼります。

今回は体育館の屋根。

古くなった屋根の上から、新しい屋根をかぶせてあげます。
[PR]
by masarukuno | 2011-08-27 00:48 | 現場のこと | Comments(2)

某中学校 耐震工事

f0217896_12472210.jpg
体育館の内部に設置された足場。






f0217896_12473897.jpg
足場の上部。
[PR]
by masarukuno | 2011-08-11 12:49 | 現場のこと | Comments(0)

町家改修について



改修中の町家が出火原因の解らない火事に。

幸いにも、周囲の人に怪我人や死者もなく、延焼も最小限でした。

危険なので現在は解体してあります。

完成を一緒に楽しみにしてた方々ほんとうに申し訳ありませんでした。
土壁の補修を今年の夏にも一緒にしてくれる約束をしてた仲間たちにも
なんと言っていいのか。。。

火事から1ヶ月程が過ぎて、少し落ち着いてきました。

長い間お休みしていたブログも少しずつですが再会しようかと思っています。
[PR]
by masarukuno | 2011-07-05 12:07 | 現場のこと | Comments(8)

町家改修 28

f0217896_12251255.jpg
夫婦そろって建築士、現場監理も自然と細かくなります。
2人の目で合わせて4つ。普通の2倍確認できます。

どんどん、指示して、現場図面をペタペタさせてもらってます。
照明の設置方法から機種から、あー細かいっとおもいますが、なんせ自邸なので。
少しおかしくたって、実験的になんでもやってみます。
お付き合いして頂ける、職人の方々にはほんと感謝です。
[PR]
by masarukuno | 2011-05-24 12:30 | 現場のこと | Comments(3)

町家改修 27

f0217896_12571513.jpg
現場の状況。

吹き抜けから見上げる。







f0217896_12573514.jpg
吹き抜けより、2階の部屋を見る。

ちなみに、仮設トイレは玄関の中に入っちゃってます。
[PR]
by masarukuno | 2011-05-23 13:01 | 現場のこと | Comments(2)

町家改修 26

f0217896_16221742.jpg
1階部分も少しづつ出来ています。

またまた新旧の融合。
古い柱とフローリングです。
今回は、杉の無垢材フローリングとしました。
経年変化で、あめ色になり、この町家になじむまでの時間も楽しんでいきたいと思っています。






f0217896_16223147.jpg
はやく素足で、歩いてみたい。
[PR]
by masarukuno | 2011-05-21 16:29 | 現場のこと | Comments(0)

町家改修 24

f0217896_12341248.jpg
大工さんすごい。
屋根裏部屋の手すり。

見事に復元していただきました。
設置前の様子
[PR]
by masarukuno | 2011-05-20 12:35 | 現場のこと | Comments(0)

町家改修 23

f0217896_2127669.jpg
なんでも取っておくのも時にはいいことにつながります。
屋根裏部屋に、元々ついていた手すりを再度つけ直してもらいます。
大工さんの腕の見せ所です。
よろしくお願いします。

つける範囲はしっかりスケッチとメモで、指示させてもらってます(写真右下)
[PR]
by masarukuno | 2011-05-18 21:30 | 現場のこと | Comments(0)

町家改修 22

f0217896_2111642.jpg
町家改修は、新築工事とまったく違うことを身にしみる日々。

現場をじっくりみて、大工さんのいない休みの日に、改修内容を訂正して。






f0217896_21112639.jpg
後は、現場に貼ってお願いする。
図面を訂正して、指示しての繰り返し、そうしないと現場が思い通りに動きません。






f0217896_2111383.jpg
最新の現場に合わせたスケッチと図面を平日にヨメ監督が打合せする。

そんなふうに、ゆくっりだけど、確実に進めています。
[PR]
by masarukuno | 2011-05-18 21:17 | 現場のこと | Comments(2)

町家改修 21

f0217896_22281671.jpg
2階の一部に吹抜けをつくります。

これで、1階と2階がつながります。
目線がつながり、空間もつながり、声も伝えます。
空気も流れ、家が立体的に感じることができます。

安全面を考慮して、手すりと落下防止を検討しないと。
[PR]
by masarukuno | 2011-05-16 22:31 | 現場のこと | Comments(0)