くのさんち

Top

ONIさんち 無垢フローリング

f0217896_19505021.jpg
白山市 ONIさんち 3世代住宅。

無垢フローリング張り。






f0217896_19504918.jpg
大工さんによるタモ無垢フローリングが、一枚一枚丁寧に張り仕上がってくるとうれしくなってきます。





f0217896_19505068.jpg
玄関周辺、タモの框にタモフローリング。





f0217896_19505003.jpg
外部木部の納まり。





f0217896_19504908.jpg
露出の梁材に板金笠木設置完了。






[PR]
# by masarukuno | 2017-11-15 20:04 | 現場のこと | Comments(0)

ONIさんち カーテン打合せ

f0217896_21510831.jpg
白山市 ONIさんち 3世帯住宅。

カーテンの見積もりのため、ショールームでの打合せ。

たくさんの見本が数多くあるので、大変たすかります。

完成へのイメージもふくらみます。







[PR]
# by masarukuno | 2017-11-09 21:54 | 現場のこと | Comments(0)

YMGさんち 階段

f0217896_18034078.jpg
金沢市 YMGさんち 大きな本棚のあるおうち。

階段がつきました。

この階段、書斎もあり、収納もあり、本棚もありと、大活躍してもらいます。





f0217896_18034074.jpg
2階の小窓から、吹き抜けを眺められる。






[PR]
# by masarukuno | 2017-11-02 18:08 | 現場のこと | Comments(0)

ONIさんち 外壁工事(木製)

f0217896_19544209.jpg
白山市 ONIさんち 大きな土間空間のあるおうち。

外壁の木製部分の工事が、細かな打合せを終えたものが形となってきました。

玄関周りは、雨掛かりを避けて、高さもメンテナンスしやすい部分としています。





f0217896_19544234.jpg
内部の木製枠も仕上がってきました。





f0217896_19544298.jpg
2階から、1階を見下ろすことができる吹き抜け。





f0217896_19544196.jpg
太陽光の準備も同時に進んでいます。






[PR]
# by masarukuno | 2017-10-31 20:10 | 現場のこと | Comments(0)

70を超えた父と中国旅行 2日目

f0217896_14014035.jpg
2日目の朝、移動のマイクロバス。

約10名のツアー旅行。

ほとんどの方が60歳を超えた方。

40代は私を含めて2人、どちらも親子旅行。





f0217896_14014137.jpg
北京オリンピックのメインスタジアムを目指します。





f0217896_14014170.jpg
オリンピックを開かれた会場は広く、こんなの乗っている人がいた。





f0217896_14014153.jpg
鳥の巣、ツアー旅行なので、ちょっと離れたところで眺めて終ったが、大きな規模を体験だきたのはよかった。





f0217896_14014211.jpg
開いたところ。





f0217896_14014299.jpg
閉じたところ。

人口が多いと、こういった閉じたり開いたりするものを多くみた。





f0217896_14014262.jpg
これは、多分、非常用照明だと思う。

この露骨なデザインは好きだった。





f0217896_14014360.jpg
明清時代の皇帝陸墓 明の十三陸へ

敷地が広く、とにかく歩く、階段を登るの連続。





f0217896_14020983.jpg
スロープの滑り止めの方法に目がいく、日本にはない作り方。





f0217896_14020913.jpg
木を支えるものが、木の型なのに驚く。





f0217896_14021003.jpg
しっかりとひっかかるスロープ。





f0217896_14021069.jpg
父の最大の目的、万里の長城へ。

これこそ、よく歩いた。

フリータイムで行けるところまで行く。(写真の右上の部分まで行った)





f0217896_14021032.jpg
万里の長城は、ずーっと繋がっているわけではなく、敵から襲われ易いところや、

通過されたらこまる部分につくられている。

だから、ところどころあるものを全部たしたら長いよってことになる。





f0217896_14021017.jpg
思っていたのと違って、現実はとても急な登りとなっている。

降りる時には、手摺がないと危ないぐらい。





f0217896_14021173.jpg
駐車場の風景。

観光中に運転手さんはこうやって休む。







[PR]
# by masarukuno | 2017-10-30 14:17 | 旅の話 海外 | Comments(0)