人気ブログランキング | 話題のタグを見る

くのさんち

Top

【徹底解説】階段の素材、手すりを知り、おしゃれにするには!住宅のお悩み解決例の紹介 階段その1

●2階建て以上の住宅設計には欠かせない階段
あまり気にされていない方も多いと思いますが、実は毎日利用する大切な部分なのでしっかりと考えたうえで家を建てたいですね

●建築基準法の住宅の階段
建築基準法には、階段に関する規定があり、その規定を満たした住宅を建築しないといけません。

●住宅の階段
蹴上げ(高さ)23cm以下
踏面(足を置く面)15cm以上
ちなみに公共の建物や学校などでは、利用者によってこの数字が決められています



階段の実例を見ながら、いろいろな種類の階段を見て行きましょう

今回は、4つの実例を紹介していきます。




①階段に無駄なんかない、収納になり、遊具になり、畳コーナーとも合体しちゃた階段(NISさんち)


【徹底解説】階段の素材、手すりを知り、おしゃれにするには!住宅のお悩み解決例の紹介 階段その1_f0217896_15103304.jpg
2階建ての建物で必ず必要な階段。
そんな階段を、隅においやるのではなく、畳コーナーと一体的にデザインした例です。
フローリングと階段の踏み板の材質を揃えてあります。
階段の側面もシナ合板を貼ることで、畳との相性、天井の仕上げ素材との一体感を演出しています。




【徹底解説】階段の素材、手すりを知り、おしゃれにするには!住宅のお悩み解決例の紹介 階段その1_f0217896_15103380.jpg
階段下を収納として、こどものおもちゃを片付けたり、こどもの服を入れたり、小さな収納でも、使う人や用途に合わせることで、利用者にジャストフィットした、その人専用にデザインされた場所となります。




【徹底解説】階段の素材、手すりを知り、おしゃれにするには!住宅のお悩み解決例の紹介 階段その1_f0217896_15103421.jpg
はじめに階段を2段あがる、そのため畳コーナーは、廊下側から座る高さにちょうど良い椅子となります。
小上がりがあることで、ここで洗濯物を片付けたり、こどもと昼寝したり、部屋ではない、みんなで使える便利な場所となるよう設計提案しました。
階段に行く途中には、装飾額縁を設けた掲示板として利用できる飾ることのできる部分を用意しました。
家族のみんなが、ここに絵を貼れるように、マグネットを仕込んだクロス仕上げとしてあります、磁石で引っ付くので便利なんですよ。

このように、階段自体をアイデアやデザインに設計時点から取り込むことで、この家の中心的役割となり、個性にすることができます。




②1つの階段で2つの素材、アイアン階段と、木造階段の融合(くのさんち)


【徹底解説】階段の素材、手すりを知り、おしゃれにするには!住宅のお悩み解決例の紹介 階段その1_f0217896_15103406.jpg
鉄の素材と木の素材をそれぞれ使ったデザインの階段です。
1段目、2段目は、木造の置き階段として、移動もできるようにつくってあります。階段を動かすことで、その奥の階段下を収納として利用できるように設計・デザインしてあります。動かすアイデアを取り入れたことで、一部を木造にして、軽く動かせる構造にしました。




【徹底解説】階段の素材、手すりを知り、おしゃれにするには!住宅のお悩み解決例の紹介 階段その1_f0217896_15103460.jpg
手すりもアイアンを利用していますが、手で握る部分は手の感触がよい木の素材としています。
同じように足の触れる部分はタモの無垢材を踏み板としています。
手や足の体が直接、接する部分は木の素材とし、ひんやり冷たいアイアン素材を避けています。

階段の設置場所は、通常の住宅でいう玄関にあたります。
一般的な玄関は、畳だと2枚ほどのサイズが必要になります。敷地が小さかったので、そのスペースさえもったいなかったので、玄関のサイズをそのまま広げ、部屋として利用できるようにしています。
そのため、床の素材は土間とし、半屋外的に利用することも可能です。
濡れた靴でそのまま入ってきても問題ないですが、ホウキで掃き掃除は必要となります。趣味の部屋や工作場所として利用することもできます。




【徹底解説】階段の素材、手すりを知り、おしゃれにするには!住宅のお悩み解決例の紹介 階段その1_f0217896_15103412.jpg
階段のアップです。
タモの無垢材で厚みも4cmあります、しっかりした広葉樹とアイアンの薄い素材の組み合わせ。




【徹底解説】階段の素材、手すりを知り、おしゃれにするには!住宅のお悩み解決例の紹介 階段その1_f0217896_15103439.jpg
階段で本を読む。
階段の上部にしっかりと明かりが差すように大きな窓を設置してあります。明るさをしっかり確保してあったので、本を読むのに便利な場所となりました。小さな図書館のできあがり。




③素材を合わせて、家具のような階段をつくる(KUDさんち)


【徹底解説】階段の素材、手すりを知り、おしゃれにするには!住宅のお悩み解決例の紹介 階段その1_f0217896_15103414.jpg
階段は、隅っこで、暗いイメージがありませんか。
発想を変えて、部屋の中央に階段をもってくることで、リビング階段とし廊下や階段で減る面積をリビングに加えられます。
使う素材を選び、床の無垢フローリングと合わせるように、階段側面をシナ合板の面材で家具のようにつくり部屋のおしゃれアイテムとして扱うなんてこともできます。
設計デザインした階段を、プレカット屋さん、大工さん、建具屋さん、みんなで協力してつくることで、オリジナルの階段をつくることができます。




【徹底解説】階段の素材、手すりを知り、おしゃれにするには!住宅のお悩み解決例の紹介 階段その1_f0217896_15103527.jpg
階段下のデッドスペースをしっかりと活かして、無駄な場所や面積はつくりません。
階段の凸凹にあった、扉を建具屋さんに造作してもらうことで、その家にあったデザインの階段扉をつくれます。
普段は、収納に見せたくないので、扉の取っ手もなくし、プッシュプルとしています。
間取りを考えて、新しい暮らしにあった階段をデザインすることで、リビングのアクセントにすることもできます。

手すりについては、アイアン手すりで鉄のフラットバーでつくってあります。現在お子さんが小さいので、落下防止として、間に構造用合板をはめ込んであります。
子どもが大きくなり危険が無くなれば、合板を取り外すことで、シンプルですっきりしたアイアン手すりが現れます。
子どもの成長に合わせてリメイクできるような階段手すりです。




④全部見せちゃう、丸見えストレート階段(YAMさんち)


【徹底解説】階段の素材、手すりを知り、おしゃれにするには!住宅のお悩み解決例の紹介 階段その1_f0217896_15103530.jpg
建物のコンセプトが、倉庫のように構造や骨組みを全部見せちゃって欲しいおうちでした。
階段も同じで、階段を支えるササラを見せて、構造をむきだしに。
手すりも無垢材を加工したシンプルですっきりとしたデザインとしています。
階段下は、ユーティリースペースとし、洗濯機や洗濯に利用するものを好きな家具を購入して自分たちでつくり上げていける場所とできるように設計時に話し合い決めました。
通常は隠す天井裏なども隠さない、階段下も隠さない、新しいスタイルの住み方です。天井の材料が必要なくなったり、扉が必要ない分の予算をリビングを広くできるように予算配分しています。
天井にあるのは、配線ラックです、このおうちの電気配線は丸見えで、もしなにかあった場合は、すぐに配線を触ることができるようになっています。
暮らしながら、照明器具の変更や、設置場所を変えたりもできるんですよ。



まとめ

たくさんの階段を事例と共に紹介しましたが、まだ、その1なんです。
その2、その3と他の事例もあるのでお楽しみに。
暮らし方や、床面積の有効利用を意識して設計デザインすることで、階段の扱い方も変わってきます。
住宅の隅っこに追いやるのはもったいない、デザインしておしゃれな自慢できるポイントになるといいですね。



  ◎住宅なんでも相談お聞きします◎
迷っていること、マイフォーム計画の進め方
  土地探しから、ローンのことまで
  なんでもお気軽にご相談ください
       くのさんち



更新を通知する


# by masarukuno | 2021-11-26 17:45 | 設計のこと | Comments(0)

KANさんち 断熱工事

KANさんち 断熱工事_f0217896_21273286.jpg
ゆったり広々リビングのおうち。

内部の断熱工事が進んでいます。





更新を通知する



# by masarukuno | 2021-11-09 21:31 | 現場のこと | Comments(0)

たくさんある本をどうしたらいい?本は眺めてたいの。

こんにちは。

くのさんち の くのますみです。

おうちの相談にどうやって答えてきたか、施工事例を使って説明するよ!って企画です。
新築住宅からリフォームまで、いろんな問題の解決に、参考にしてみてくださいね。

ご相談がとっても多い、本がたくさんある!っていうお施主さま。

今回のお施主さまは、本が好きでたくさんあり、眺めていたい!子供が作った作品なども、飾って眺めていたい!
というご依頼。

子供の作品は、どんどん増えていきますよね、可愛いくて成長も感じられて、順番に並べていたい。
でもどんどん増えて、置き場所に困って、写真に撮ってみるかと言いながらズルズルと・・・

だったら、思う存分飾れるスペースを作りましょう。

このスペースだけは、なんでも飾れるように、趣味のものから、本から作品から、好きなものでいっぱいにして、眺めていれるように。



階段の奥行きを少し広くして、壁面に本棚を作ります。

廊下を少し広くして、階段の間に本棚を設置します。
階段に腰掛けて、本を読んだり、階段を上がるときに、眺めたり。

自由な本棚にしてみました。


たくさんある本をどうしたらいい?本は眺めてたいの。_f0217896_16452116.jpg
実はこの階段はキッチンの目の前にあります。

ご飯の準備をしながから、お気に入りのものが目に入りますよ。
そして、階段下は大きな収納になっています。





たくさんある本をどうしたらいい?本は眺めてたいの。_f0217896_16452189.jpg
本棚の位置は自由です。
小さなおうちでも、工夫すれば、大きな収納が取れますよ。


思う存分眺めたら、順番に片付けていきましょう。



以上!

くのさんち の おうちの相談、施工事例でした。
いかがだったでしょうか。

次回もわかりやすく、こんな提案で問題解決!をお話ししていきたいと思います。

お楽しみに!





  ◎住宅なんでも相談お聞きします◎
迷っていること、マイフォーム計画の進め方
  土地探しから、ローンのことまで
  なんでもお気軽にご相談ください
       くのさんち




更新を通知する


# by masarukuno | 2021-10-29 16:46 | 建物のこと | Comments(0)

たくさんある本をどうしたらいい?

こんにちは。

くのさんち の くのますみです。

おうちの相談にどうやって答えてきたか、施工事例を使って説明するよ!って企画です。
新築住宅からリフォームまで、いろんな問題の解決に、参考にしてみてくださいね。

おうちの設計を進める中で、多い相談が、本がたくさんある!ってお施主さん。

本が趣味なんて、素敵ですよね。
どんどん増えていって、置き場所に困って、いつか片付けようって言いながらズルズルと・・・


引っ越しに備えて厳選するけど、どうしてもこの先も増えていきますよね。
住まいについて、収納についてはよく考えておきたいところ。


お子さんがいるご家族は、特に月齢に合わせて絵本や本の種類が変わっていきます。

だから、普段読む本は、みんなの手に届くところにおける、本棚を用意しました。

廊下を少し広くして、階段の間に本棚を設置します。
各部屋にいく前に本を手に取ることができ、ちょっとした読書スペースができます。


たくさんある本をどうしたらいい?_f0217896_16382238.jpg
そして、本棚が階段への落下防止の壁にもなるという、一石二鳥の本棚ができました。





たくさんある本をどうしたらいい?_f0217896_16382255.jpg
以上!

くのさんち の おうちの相談、施工事例でした。
いかがだったでしょうか。

次回もわかりやすく、こんな提案で問題解決!をお話ししていきたいと思います。

お楽しみに!




  ◎住宅なんでも相談お聞きします◎
迷っていること、マイフォーム計画の進め方
  土地探しから、ローンのことまで
  なんでもお気軽にご相談ください
       くのさんち




更新を通知する


# by masarukuno | 2021-10-29 16:40 | 建物のこと | Comments(0)

マイベストプロ石川

マイベストプロ石川_f0217896_21310924.jpg
くのさんちが、マイベストプロ石川に登録されました。

リンクページ↓

取材を受けた記事がのっていたり、
コラムも書いて行くので、楽しんで見にきてください。

夫婦で登録して欲しかったのですが、1人限定だったので、妻が代表して登録されています。

お時間のあるときに、みてみてくださいね。




更新を通知する




# by masarukuno | 2021-10-26 21:40 | イベント・ニュース | Comments(0)