くのさんち

Top

2015-05-05 高速走行

f0217896_1843780.jpg
4月から高速道路の充電設備もより充実したので、岐阜までの移動の間に何度か充電することができた。

しかし、この車は、どう走るかによって燃費や電費が変わってくることが解った。

EV走行にして、高速でスピードを出すとすぐに電気を使ってしまうので電費がよくないことが解った。
街乗りで、信号で何度も止まったりする場合にはとてもいい電費走行をしてくれるのだが。

ガソリンの燃費については、高速道路では、非常にいい。
高速移動重視の時は、エンジン走行しながら必要に応じてバッテリーも充電してくれる。

さらによい走り方は、バッテリニーに充電をしっかり蓄えたままで、セーブモードで走行すると、必要に応じて、エンジンで発電して電力量を増やしたり、駆動力をアップさせたり、自動でよい走りかたを判断して走ってくれるので、燃費も電費も非常に伸びるのが解った。

この車を乗るようになって、エネルギーの使い方をとても考えるようになった。

だから、無駄にふかして走ることや、変な急加速もしなくなり、電気とガソリンで、よりどこまで走れるかを考えて運転するようになった。

下り坂では、回生ブレーキのおかげで、バッテリーの残量がグングン増えるなんて不思議な体験もできた。
乗り方や地形によっては、どこまでも長く走れる車なんだと実感した。
[PR]
by masarukuno | 2015-06-17 12:00 | 家族のこと 2015 | Comments(0)